AMH1.0以下に愕然!子供ができない私が妊娠しやすくなるための方法 |

AMH1.0以下に愕然!子供ができない私が妊娠しやすくなるための方法

卵子 ハート

不妊治療をされると、クリニックで色々な検査をされるかと思いますが、

その検査の中でも、AMH(アンチミューラリアンホルモン)を測定されて

結果に不安になってはいませんか?

AMHが1以下と宣告されることは、妊娠したくて、不妊で悩む女性にとっては、

地獄に突き落とされるようないったいどうしたらよいのかわからなくなってしまうことでしょう。

しかし、AMHの結果と妊娠できることと直結するわけではありません。

妊娠するために必要な卵子の質を高めること、

ホルモンバランスを整えて、子宮への定着力をつけていくことで

妊娠に直結する大事な部分は変わっていきます。

 

 

AMH(アンチミューラリアンホルモン)とは

AMHとはアンチミューラリアンホルモン(または抗ミュラー管ホルモン)のことです。

発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンで、

血中AMH値が原始卵胞から発育する前胞状卵胞数を反映するといわれております。


なので、その検査の数値は、

卵巣の中にどれぐらい卵の数が残っているか、

卵巣の予備能がどれほどかを映し出している指標とされています。




ただ、AMHの数値が表すのはあくまでも卵子がどれくらい残っているのか

という事であって、

その卵の質がいいか、順調に育つかは一概に言えません。

なので必要以上に不安になったり、ガッカリせずに、大事なことをしていきましょう。

そして、卵の質や発育の良さは年齢によく相関すると言われていますが、

実際は、卵子のなかの細胞質の質の良さが一番のカギをにぎります。

 

 

 

AMH=妊娠率ではありません


誤解されやすいのが、AMH値が低いと妊娠できないと思われること。

AMHは卵胞から分泌されてくるホルモンのことで、

卵巣の中に卵子の素となる細胞がどれくらい残されているかを示すため、この値が低いと

妊娠率も低くなると思われがちなのですが、

妊娠しやすさに関係してくるのは卵子の数ではなく、質の良さになります。

そのため薬で刺激してたくさん育てて採卵できたとしても、

質が良いとは限らず採卵できても不妊治療でも移植に進むことができずに悩む方も多いです。

妊娠しやすさに影響していくのは数よりは質の部分になります。

 

AMHが低いと妊娠できないの?

AMHの値がそのまま妊娠できるかどうかに直結するわけではありません。

中にはAMH値などの検査をしていないからわからないだけで、

実はほとんどゼロに近い数値でも自然に妊娠・出産しているという人はたくさんいます。

カウンセリングをしてきた中でクライアント様の中でもAMH値がゼロに近く低い状態の方も

多いのですが、妊娠されていますので、AMHの値だけで

妊娠できる、できないを決めてしまうのはもったいないです。

ただ、AMHが低くなってしまっているという事で、他の女性ホルモンが乱れていたり

自律神経が乱れてしまっている場合もあるので、


重要なのは、適したホルモンバランスのととのえ方次第だということです。

そうすることによって妊娠は可能になります。

 

卵の質を良くするには

卵の質を良くするというと、曖昧ではありますが、

どういった状態だと質が良いと言えるのでしょうか。

卵子も1つの細胞で核を持っています。

細胞の中には、その細胞が活性化し

元気に活動できるようにミトコンドリアがあります。

この、ミトコンドリアという器官で効率よくエネルギーを生み出す

ことができる状態にしてあげる事で質は向上させてあげられます。

また、質がよい細胞に、その細胞が元気に過ごせる卵巣・子宮の

ホルモンが整った環境を用意してあげる事こそが

受精卵がそのあと子宮に定着できるようになる力で、一番整えておかなくてはならない部分です。

 

卵子の質をよくしていくには、細胞の中に必要な酸素や栄養がスムーズに入り、

老廃物が排泄されるように血液の循環がスムーズになるように整え、

劣化の素となる活性酸素から卵子の細胞膜を守ったり修復してあげる事です。

 

どんなタイプで体内のホルモンバランスが乱れてしまっているのか

良い環境を整えるためにホルモンバランスを整えていく事は大事です。

ホルモンバランスの乱れ方は人それぞれ違い、

大きく分けると次のようなタイプ分けができます。

・脳からの指令がうまくいかないタイプ

・途中の連携がうなくいかないタイプ

・卵巣からうまく分泌できないタイプ

 

それぞれのタイプや混合しているタイプの方それぞれですが、改善の仕方が違います。

どれだけ不妊治療をしても着床にいたらない。流産率が高かくては

今までのことって何だったのだろうと、ガッカリされることでしょう。

ホルモンバランスの本当の整え方、病院では教えてもらえません。

インターネットで調べていてもたどり着けません。

 

不要な不妊治療を繰り返してきたことで

女性のホルモンバランスは劇的に悪化してしまっている可能性が高いといえます。

ホルモン補充をして、タイミング法を続けてきた。

人工授精も何回かトライしてきた。

体外受精も何度もやってみた。

こうしてステップアップして数年がたつんです。一生懸命やってきたし、まだあきらめていません。

そう思われるからこそ、今妊娠したくてこちらのサイトにいらしてくださったことでしょう。

不妊治療の過程にこそ潜んでいた大きな落とし穴のこと、知っていてください。

薬の使用量と卵子の質の劣化は比例の関係にあります。

ホルモン補充をすることは、

脳からうまく指令が出ていない状態のところに、

さらに卵巣からホルモンを出すように!!そういって怒鳴り散らす行為と同じです。

これでは、その時の採卵は何とかなっても、ホルモンバランスは崩れ、

次の卵子の質がかなり低下します。

ホルモン剤の使用は6ヶ月で妊娠率はかなり低下します。

不妊治療席が長くなれば、なってしまうほど、

知らず知らずに、ホルモンバランスを崩す体質をつくりあげ、卵子の質を下げざるを得なくなっています。

 

 

妊活に、間違った不妊治療はひつようありません。

ホルモンバランスが整い、妊娠体質に変わっていく事で

妊娠そして、無事の出産にまでつながっていきます。

そのために不妊治療では補えない部分を補ってあげましょう。

治療や薬によって作り上げてきた思わぬ不妊体質から

早急に助け出してあげましょう。

 

実際に、不妊治療によるホルモン療法の作用によって

卵巣も卵子もボロボロです。

体外受精を何度も受けてそれでも妊娠できないときに

医師から言われる言葉は、

「卵子の質の低下です・・・・。」

 

もう、どうしたらよいかわからなくなってしまう事でしょう。

妊娠だけできても意味はありません。

妊娠後、妊娠を維持でき、

流産に悩まされることなく順調に育て上げて

産めてこそ、本当に願った未来が手に入ります。

 

 

 

そのためには、

ホルモンバランスを整えておくことは欠かせないでしょう。

妊娠こちしやすい体つくりをするには、こちらをチェック

 

女性ホルモンの乱れが不妊の原因 妊娠したいなら絶対整えておきたいホルモンバランス

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい