不妊の原因はそのメンタル 妊娠するための心のメンテナンス |

不妊の原因はそのメンタル 妊娠するための心のメンテナンス

瞑想メンタルコントロール

くり返す流産や、妊娠しにくい体質には不安や焦りといった

心が不安定な状態でいつもストレスを感じることが、

関係していることがわかっています。

なので、同じ不妊治療をしている人を対象に

メンタルコントロールを行った人と、そうでない人たちの

治療成果を比べると、メンタルコントロール群の方が

明らかに妊娠率が高いという研究結果もあります。

 

心と妊娠しやすさとの関係

それくらい人の体が健やかに、命を育んでいく過程においても

メンタルコントロールは大切といえます。

状況に応じて強い不安焦りに振り回されてしまうと

自分で自分のコントロールがうまくできなくなってしまいます。

心の状態と自律神経は連動します。

不安や焦りを感じると自律神経の中でも

交感神経の方が有意になっていきます。

交感神経は、筋肉を緊張させ、呼吸を速めていき体の活動性を

高めてくれる働きがありますが、

一方で、副交感神経の働きが弱まります。

自律神経のバランスが悪くなることで体は調子を崩してしまいます。

そのため、妊活中は、副交感神経を意図的に優位にするように

リラックス状態を保てるようにしていくことも大切です。

いつも心のなかに不安や焦りを感じている場合、

副交感神経の働きを優位にすることがとても苦手になっているはずです。

 

副交感神経を優位にする瞑想

そのためにとても効果的なのが、研究成果でも明らかにされている「瞑想」です。

これは、脳科学者である澤口先生がテレビでも話していましたね。

瞑想は、科学的に研究がかなり進んできていて、

アメリカでは医療と合わせて治療成果を高めているのが瞑想です。

瞑想というとどうしていったらいいのかよくわからないと思われるので、

まずはマインドフルネスなど呼吸に集中するということからでもいいと思います。

 

妊娠しやすい脳×瞑想

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい