妊娠するための卵子の質を高める睡眠スイッチ

妊娠するための卵子の質を高める睡眠スイッチ

女性 横たわる

妊娠しやすくしたい、そのために重要なのが卵子の質です。

卵子の質は受精後の胚の分割に影響し胎児の生育に関わります。

卵子の質を高めるには、細胞の修復と、血液循環のよさが重要となり、

細胞の修復は睡眠が深くかかわって整うようになっているため、妊活女性は

睡眠の質が高い事が重要といえます。

寝ているようでいて案外その質が良くなれていないのも睡眠です。

卵子の質を高めていくための睡眠スイッチをONできるようにしていきましょう。

そのためのポイントをお伝えしていきます。

 

睡眠と妊娠

睡眠不足ほど不妊になりやすくなります。睡眠時間の長さと関係するのではなく

睡眠の質の高さが重要で、質の高い睡眠をとれているほど

卵子の質の高さや精子の質の高さを物語る研究などが出ています。

アメリカの研究では睡眠障害は精液の質の低下に関係するというものも発表されています。

また、卵子の質と睡眠との関係では睡眠に関わるメラトニンというホルモン濃度が高いほど

卵子の残存数の多さや卵子の質の良さと関係がある事も言われています。

睡眠不足なほど、ホルモンバランスも乱れやすく、疲れも取れにくく

精神的にもイライラしたり落ち込みやすくもなりますから

不妊体質になりやすいのもいたしかたないかもしれません。

 

卵子細胞の質と睡眠

また、睡眠に関わるメラトニンというホルモンは細胞を劣化させにくく働いてくれています

排卵される過程においても酸化ストレスにさらされた場合、卵は成熟を妨げられてしまうため

抗酸化作用が高い睡眠は必要になります。

また、メラトニンは細胞の中では抗酸化物質として働いてくれ、

細胞をいい状態で保てるよう働いてくれています。メラトニンホルモンを投与した場合は

受精率や妊娠率が高まる事から、メラトニンのもつ抗酸化作用は卵子の質を高めるために

重要な役割を果たしてくれているといえそうです。

 

不妊で悩むと睡眠障害に

不妊で悩む方に質問してみると結構帰ってくるのが睡眠不足や熟眠感の不足。

寝付きにくいといったことをはじめ、途中で夜間に目を覚ます、

早くに目が覚めるなど睡眠にまつわるトラブルを抱えがちです。

寝ているはずなのに、疲れが取れない、朝から元気がない、やる気がわきにくい

などもあわせもっていることが多いです。

 

睡眠スイッチは5つ

睡眠の質を高めていくためのスイッチは主に5つあります。

・体温

・光

・リズム

・メンタル

・覚醒

 

これらのスイッチをうまくONしてあげていくことで、

心地よい寝付き、深い睡眠、質の良さから修復が高まっていきます。

 

特に、最新のスタンフォード大学の眠りの研究では、

睡眠は寝初めの2から3分で決まるとも言われ、

特に寝初め90分の質によって左右されるという事まで

わかってきています。

 

 

体温のスイッチ

起きて日中活動を、行うときの体温と寝入っていく際の体温は変動しています。

良い眠りにつくにはこの体温のスイッチをONにしてあげることも大切です。

 

体温でも、表面体温と深部体温とありますが、眠るときは深部体温がぐっと下がってきて

表面温度との差が比較的少なくなるようになっていくのが好ましいのです。

そのため、

丁度寝るとき頃に深部体温が下がっていくようにしてあげることがポイントです。

 

そのために活用できるのが入浴になります。

ただ、入浴は寝付く90~120前くらいがちょうどよく、寝際にお風呂に入るとかえって体温が下がってきていないため

寝付きにくいという事もおきてきます。

そのため、入眠前はシャワーで済ませるか、足湯が効果的になっていきます。

 

また夜寝る際は、靴下を履かない、寝具を深部体温を下げやすい寝具を選ぶというのも効果的になります。

マットレスよりも、低反発の敷布団の方が0.3度深部体温を低下させ良い眠りを手助けしてくれます。

 

また、意外に思われるかもしれませんが、夕食に冷やしトマト、生野菜を摂取するという方法もあります。

体を冷やすものは絶対悪!とばかりに嫌厭されがちですが、深部体温を必要な時期に下げるお手伝いにもなります。

 

他にもあるよい睡眠へのスイッチ

体温も一つのスイッチであるように他にも

良い眠りにつながるスイッチを入れていってあげる事が大切です。

光、リズム、メンタル、覚醒

いろいろありますが、寝付く前は特に色々考えない方が良い眠りにつけるのですが、

寝付く前ほど、考えてしまいがちな時間帯になります。

メンタルは自律神経を介し、リズム、体温調整、覚醒などにも影響が出るので

妊娠しやすい心と体つくりが非常に大切で、

それのもと、質のよ良い卵子に修復していかれるということになります。

 

まとめ

妊娠しやすさに直結していく睡眠は赤ちゃんを望むご夫婦にとって質を高めていくことが

有効になるといえます。そのためには質を高める睡眠のスイッチ入れてあげたいところです。

睡眠の質に関わる深部体温を睡眠時に下げてあげられるように工夫してみましょう。

睡眠には日々の生活リズムや習慣が関り、特にメンタル的な影響もうけやすく

精神的にうつうつと悩んで不安や焦りを抱えているほど睡眠障害も起こりやすくなりますので

メンタルケアなども合わせて取り組んでおきたいですね。

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい