妊娠しやすい赤ちゃんができる不妊相談カウンセリング 妊活セミナー 岡田和子 長野県松本市

妊娠しやすい心と体づくりをサポート! 不妊症・妊活で悩む赤ちゃんが欲しい方のためのカウンセリング

0a1ace17ee2cc6199af193ded984d66d9

自然妊娠を目指す方へ 試しておきたい妊娠体質になる食事5つのポイント

2016/04/14

0a1ace17ee2cc6199af193ded984d66d9

妊娠を望まれる場合、

妊活をしていてもなかなか授からないと、

ふと気になるのが月経のこと。

今までは「あまり気にしてこなかったけど、実は排卵していないかも」

という方もいらしゃるかもしれません。

「排卵をしていること」が、妊娠の第一歩です。

そして、ホルモンのバランスが整っているのかどうかという事も気になりますよね。

 

 

 

ホルモンが整っているのかチェック

まずは、ご自分のホルモンバランスが整っているのかを

チェックしていきましょう。

 

1540_32 疲れやすい、だるさが残る

1540_32 最近太った

1540_32 肌がカサカサ乾燥するようになった

1540_32 生理前にイライラする

1540_32 抜け毛が増えた

1540_32 むくみやすく、むくみがとれにくくなった

1540_32 顔のたるみがきになってきた

1540_32 新しいことを覚えにくくなった

1540_32 シミが濃くなった

1540_32 いろいろ面倒くさいと思う

87cbfe61696bcc7e84f7a5cf47b8f99a_s

 

 

 

 

 

 

2個以上当てはまった方は・・・・

女性ホルモンが乱れている可能性大です!!

 

妊娠できるようにしていくには

 

悩み1

 

 

 

 

 

月経・排卵は女性ホルモンのバランスで成り立ちます。

そのホルモンの分泌の指令、やり取りは

脳・卵巣で行われます。

なので、無排卵月経となるの原因はいくつかありますが、

主に脳の中枢部分もしくは卵巣機能の異常といわれています。

月経がくるには、脳から卵巣へ

「女性ホルモンを出しなさい」という命令が出て、

その命令を受けた卵巣が卵を育て、

女性ホルモンが分泌される必要があります。

ところが、卵巣がうまく機能しなかったり、

脳がストレスを受けて卵巣へ命令が出せていなかったりすると、

月経不順や無排卵月経を引き起こしてしまうのです。

なので、ホルモンバランスを整える事は大切だといえます。

 

ホルモンバランスを乱す原因はタイプ別に違う

脳からの指令が出せない、

脳からの指令をうまく卵巣が受け取れない、

卵巣が機能せず、うまくホルモン自体をを分泌できない、

そういったホルモンがみだれる状態になるにはそれぞれ

タイプがありますが、

女性ホルモンのバランス整える

体質改善食事の習慣を変える事でも可能になります。

 

食事の改善5つのポイント

ポイント1 ホルモンのもと、タンパク質を食べる

 

しょくじ3png

 

 

 

 

 

 

女性ホルモンはタンパク質から作られています。

なので、そのもととなるタンパク質が不足してしまっては

月経・排卵がおきなくなってしまいます。

はとってもアミノ酸のバランスも良いのでお勧めですし、

肉、魚もたっぷり取るようにしていきましょう。

 

ポイント2 食事を楽しく夫婦で一緒にたべる

 

87f269f41917762ce6a7978542807023_m

 

 

 

 

 

 

人間の3大欲求である 睡眠・食事・性 の欲を司る部分は

脳の中でも視床下部と呼ばれる部分にあり

深いつながりがあります。

夫婦で一緒においしいね。楽しいね。そういった

食事を共感しておくことは、夫婦のコミュニケーション・性の部分にも

深く関係してきます。

普段から楽しい食事を心がける事で、ホルモンの分泌が良くなり

仲良しの時も大量に女性ホルモンが分泌されるようになり

受精のお手伝いをしてくれます。

ポイント3 果物や生野菜をたっぷり食べる

577832dc7468f458386ab3e2eefb8a59_m

 

 

 

 

 

 

果物や生野菜には、消化を助け栄養の吸収から

代謝を良くする働きがある酵素がたくさん含まれています。

他にも酵素の働きをより強めてくれるビタミンやミネラルと

合わせるとより効果が高まります。

妊娠には細胞の代謝の良さも必要です。

 

ポイント4 よく噛んで、時間をかけて食べる

よく噛んでたべることで、

消化を助ける酵素がたくさん出てきます。

よく噛んで食事をするほど、代謝の過程で

活性酸素が生まれにくくさびにくくなります。

ポイント5 甘いものを避ける事でイライラしにくい

f2ae670f1209aad70812a348fb80d232_s

女性で甘いものをよくとったりする場合は、

その甘いものがないと気分を安定させられないからです。

イライラしたりするときには

交感神経が優位になり、

ストレスホルモン出てきます。

ストレスの処理をする部分は脳の中でも視床下部にちかく

ホルモンバランスを崩しやすくなってしまいます。

砂糖の入ったお菓子やお料理は避けるようにしましょう。

 

 

 

 

不妊のストレスで女性ホルモンがガタガタ

驚愕!不妊では男性でも女性でもストレスホルモンによって決定的な栄養失調に 

本気で赤ちゃんが欲しい方へ

あれほど不妊で悩んだのに、不妊治療もしてもかすりもしなかったのに、

自然妊娠ができるに ガラっと変えることができた方法について差し上げてます。

 

是非、あなたの妊活にお役立てください。

 

 

012

無料メルマガ登録

無料メルマガ登録

妊活セミナー

妊活セミナー

喜びのお声

喜びのお声

カウンセリング

カウンセリング
0693508
幸福度が高いほど免疫力良好!妊娠できる体には免疫がカギ

妊娠に免疫が関わることをご存知でしょうか? 妊活、妊活、体質改善と夢中になってい ...

000000ar
子どもが欲しい方向け 骨盤内の血流をよくする妊娠体質ストレッチ

妊娠しやすくするために、 体外受精などを受けて受精卵が子宮内にとどまって 着床し ...

3084432541
赤ちゃん欲しいのに…妊娠しないには、やはりそれなりに原因があります

妊娠できない理由・・・ 細かい部分にまで触れたとしたら、それは人それぞれだとは言 ...

000000illust1314
本当によかった!旦那さんと一緒にカウンセリングで色々が変わりました

夫婦で同じ方向を向きだすと、 妊活もとってもスムーズになります。 やはり、自分と ...

000a0002
色々おきたのに、その際にアドバイス支えがあってよかった!

悩んでいるときは、妊活のことだけでなくても、 色々な事で悩んだり、困ったり重なる ...

-妊娠したい人の食べ物・サプリ・食生活