38歳からでも妊娠しよう楽しい妊活に変えるコツ |

38歳からでも妊娠しよう楽しい妊活に変えるコツ

心地よい 女性

自然妊娠はもう無理かな・・・、38歳、40歳、42歳、

高齢になるほど、年齢的にも難しいのかな・・・不妊治療を急ぐべき?

体外を受けた方がいい?

色々やってもダメだったし・・・。

確かに年齢を増すごとに、統計的には妊娠は難しくなる傾向はあります。

でも、妊娠しやすいように取り組むこと、楽しく妊活をしていくことで、

望んだ赤ちゃんを授かれるように妊娠しやすい体つくりを行っていくことは可能です。

年齢によって妊娠しにくくなってしまう原因と、

高まってくる流産率をできるだけおさえ、妊娠を維持していかれるように今からでも

できることをお伝えしていきますね。

 

 

38才だと妊娠が難しくなる原因

妊娠に重要なのは、受精させるためのタイミングなのではなく、

受精後も順調に胚が育ち、子宮内膜に根を下ろしそこから赤ちゃんへと

分割をすすめながら生命活動を維持して育っていかれるかという点が重要になります。

そのためには卵子の質の高さが非常に重要になります。

この卵子ですが、日々放っておくと劣化してしまいます。

そのため修復し、いい状態を維持できるようにしていることが大切です。

どうしても卵子という細胞は、生まれた時から作り変えられる細胞ではないため、

メンテナンスがうまくできて、修復できているのかという点が大事になります。

細胞の劣化は酸化という形で起こっていきます。

それには活性酸素という物質に多くさらされているかどうかが関わってきます。

不規則な生活、食生活、睡眠不足、過労、ストレスなどによって

この活性酸素に多くさらされるようになります。

そのため、酸化させないようにしていく生活を今すぐ送っていきましょう。

 

妊娠できないダメな自分の枠をとりはずす

自然妊娠というのは、不妊治療とちがって、排卵があるうちはずっと取り組み続けることが

できる妊娠方法です。不妊治療のようにこれ以上続けても妊娠はしていないという

統計結果にはなりません。そのため、もう自分には無理だとか、

難しいからとふさぎ込むよりは、妊娠しやすくできるための事に取り組みましょう。

不妊治療でダメでも、自然妊娠できたという報告は50代でもあるくらいです。

もちろんその可能性が高いわけではないのは事実ですが、夫婦寄り添って支え合い、

規則正しい生活、無理のない妊活、楽しむことをしながら精神的にもストレスをかけすぎず

2人の性生活を大切にし続けましょう。

ひと昔前は、40代での出生数も多かった時代があります。

でも、妊娠できない不妊体質、不妊マインドでいたら、

不妊サイクルからは抜け出せないままになってしまいます。

無理、ダメ、またダメ、やっぱり自分にはダメなんだ。

そうするたびに自分自身の、機能、能力、行動、感情すべてが

不妊ゾーンにおさまっていきます。

心の中にポジティブさがなくなり、ストレスにさらされた状態では

妊娠しにくい、妊娠できても流産しやすいという事で悩み続けなくてはなりません。

そのため、日々の行動・習慣を変える事でもそのゾーンを抜け出すきっかけになります。

 

日々の生活習慣を変えて妊娠しやすく

自然妊娠できる体質へ変わっていくための生活習慣について、ご紹介しますね。

日々安定した、浮き沈みが少ない感情をコントロールするため習慣が大切。

そのために、以下のことを試してみてくださいね。

 

ポイント1 質の高い睡眠をとる

寝る時間によってホルモンの分泌に影響が出ます。

ストレスや不摂生から睡眠不足によって、

質の悪い睡眠、浅い眠りによって

睡眠の恩恵にあずかれずに、卵子の質を劣化させてしまっている可能性があります。

夜の10時から夜中2時はゴールデンタイム

しっかり眠って、成長ホルモンを出して、

細胞を修復させたり、自律神経のバランスも整えるようにして卵子の質を高めていきましょう。

 

 

ポイント2 イライラを誘う砂糖をやめる

砂糖によって引き起こされる高血糖、と低血糖

この血糖値の変化が、気分を不安定にさせます。

落ち着いた安定した気分で過ごすためには、砂糖は手放した習慣も大切ですね。

砂糖よりは、柑橘類の果物を摂取するなどしましょう。

地中海式の食事療法は妊娠率が高まっており、たくさんの野菜や果物がとても

重要になっていきますよ。

 

ポイント3 よく笑う

思いきり笑ったときの呼吸は、

深呼吸や腹式呼吸と同じような状態。

 

体内に酸素がたくさん取り込まれるため、

血のめぐりがよくなって新陳代謝も活発になります。

そして、精神的に安定した状態、心理学ではビッグ5という性格診断で

神経症傾向が低いほど、夫婦関係が長くうまく続くといわれています。

楽しく笑い、ポジティブな感情で過ごせる体験を夫婦で一緒に共有していましょう。

 

ポイント4 適度な運動をする

体の血流の良さも大切です。そのため、定期的に運動していることも大切です。

過度なトレーニングの必要性はなく、適度に体を動かすウォーキングなどに取り組んで

見ましょう。デスクワークが多い場合は、適度に休憩をとり、こまめに体を

動かす事も心がけていましょう。運動後はとても気分もよくリラックスもできます。

女性も男性もデスクワークが長いと妊娠力が低下していまいます。

 

ポイント5 体型を適正な範囲内に

痩せすぎ、太り過ぎは妊娠しにくくなってしまいます。

適正な体型というのはBMIと言って、体格指数で判断できます。

理想値は22ですが、適正範囲内に収める事で妊娠しやすさにつながります。

詳しくは 妊娠しやすいBMI

 

ストレスが細胞をどんどん劣化させる

不妊で悩む女性は、ストレスを抱え、またいつも大きな不安に悩まされます。

くらいトンネルの中で出口が見えず、本当に妊娠できるのか、いったいいつまで

この生活が続くのか、いつ赤ちゃんはやってきてくれるのか祈る思いで

心待ちにしています。

そのため必死に妊活を頑張ったり、ムリしても治療を続けたり、

生理が来ては落ち込み、周囲の妊娠を喜べなくなってふさぎ込みがちになります。

そんな自分にも嫌気がさしたりして、イライラしがち。

ちょっとしたことで夫婦間の喧嘩も増えてしまう事も出てきます。

そんな日々感じるストレスが、活性酸素を増やし細胞を変形させて劣化させてしまいます。

まず、細胞膜が変形してしまうため、細胞へ酸素や栄養が充分届かない、

老廃物をうまく排泄できないという事がおきてくるため劣化します。

 

ストレスは、複雑なメカニズムで自律神経のバランスや女性ホルモンのバランスも

乱していきます。ストレスを感じている女性ほど妊娠までの期間が長引き、不妊になる傾向が高く

また流産率も高まるようです。

 

子どもが欲しい場合は、今すぐメンタルケアに取り組むことで、

細胞の劣化をくいとめ、修復できるようにしていってあげましょう。

テンダーラビングケアなど、心をいい状態にもっていく

メンタルケアを受けた場合は出産率もたかまるといわれいます。

 

心がぽっかぽかなら、赤ちゃんが育つ環境もよく、ポッカポカになって妊娠を維持して

出産しやすくなれるということですね。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい